BLOG

ブログ

木造在来工法の戸建リノベーション。

理想の間取りにしようと思ったら
部屋の壁を無くしたり動かしたりと、
それまで家を支えていた柱や壁を
さわらなければいけません。

木造在来工法は梁と柱でできています。
建築時には柱の数や場所、梁の太さや位置など
しっかりと決められて建てられています。

リフォームで柱を無くしたり壁をなくしたり
する時は、その代わりにしっかりと家を支えれる
ように仕様を考えなくてはいけません。

戸建リノベーションの難しい所でもあり
楽しい所でもあります(笑)
腕の見せ所です。

しっかりと補強をし以前よりも耐震性と
機能性をアップさせて安心快適な空間に
リノベーションをしましょう。

耐震補強工事もしっかりとすれば
さらに安心です。
備えあれば憂いなしです。

関連記事一覧

資料請求はこちら