BLOG

ブログ

こんにちは!コウヘイです。

物件の間取り図面を見ると目につく
『PS』の文字。

限られたスペースなのに、
四角く完全に囲まれた謎の空間。

もったいない。実に。もったいない。
収納か棚か何かにできないのか!

と思った事はないですか?

実はこれ。
「パイプスペース」
   とか
「パイプシャフト」
などと呼ばれる場所でして。

場所をとっているどころか、
場所すら変えられないという。

なかなかのヤツでして。
もはやこの家のヌシって感じでして。

リノべやリフォームは。
彼らを中心に間取りを考え。
彼らのごきげんを伺いながら部屋の
向きや高さ。
設備機器の向きや種類など。
多くの事を決めていかなくては
なりません。

決して彼らには逆らえません(笑)

さて。
PSとなっている部分の壁を開けてみました。

↑これです。
上の階から下に階へと鉄の配管が
ドーンと突きぬけております。

↑横向きに配管が壁を突き抜けています。
この壁の向こうがトイレです。

PSの壁の中はこんな感じになっています。

このようなつくりになっており。
横向きの配管の高さも向きも
根元は変更ができません。

なのでこの向きと位置を基準に。
間取りを考えなけれはいけないので
自由度がかなり制限されます。
さすがヌシです。

制約のある中で最良の間取りを
作るのが。
プランナーの腕の見せ所ですね(笑)

記事一覧

ナガタコウヘイ

家のこと。暮らしのこと。デザインのことだけではなく 好きなもの。趣味。大切なもの。などまずは何でもお話しましょう。 色々な話から自分らしい暮らし方が見えてくると思います。 ...

関連記事一覧

資料請求はこちら