【大阪市】リフォームは耐震!安全なマンションに

【大阪市】リフォームをするなら戸建てやマンションの耐震性も考えよう

大阪市でリフォームを考えている方はいませんか?日本に住んでいれば、どこで起きてもおかしくないのが地震です。こちらでは、耐震リフォームの工事手法や費用などについて紹介します。

耐震リフォーム工事の手法と費用目安

家と電卓と設計図

もともと日本では耐震基準を設けているため、現在の基準であれば、震度6強から震度7レベルでも倒壊しない設計になっています。しかし、この新耐震基準が導入されたのは1981年以降の話です。それ以前に建てられたものは、旧耐震基準と呼ばれ震度5強レベルに耐えられるように設計されています。

このように日本の建物は、どの時代でも比較的耐震性に優れた設計がなされていますが、だからといって新耐震基準の建物が安全で、旧耐震基準の建物が危険なのかというとそうではありません。

旧耐震基準で建てられたものであっても、しっかり耐震補強がなされていれば問題なく、逆に新耐震基準で建てられても老朽化が進んでいれば危険です。

そこでポイントになるのが、耐震リフォームです。まずは、耐震リフォーム工事にどのような手法があり、費用はどれくらい必要なのかについて見ていきましょう。

耐震

耐震リフォーム工事の手法には、主に耐震・免震・制震の3つの方法があります。耐震とは、地震に耐え得る建物にする方法です。筋交い補強や耐震金物を使った補強を実施します。

免震

次に免震とは、建物と地面の間に免震装置を入れることで、地震の振動が建物に伝わらないようにすることです。

制震

制震とは、ダンパーと呼ばれる装置を設置して地震の揺れを吸収し、できるだけ建物にかかる負荷を抑えようとする方法をいいます。

耐震リフォームの費用に関しては、建物の大きさやどんな耐震対策を行うのかで大幅に違うでしょう。
一般財団法人日本建築防災協会が発行している「耐震改修工事費の目安」によると、木造住宅で100万円から150万円の工事がもっとも多く、マンションなどの共同住宅の場合は1万円/㎡未満で行われています。

ただ、壁や屋根、壁や基礎、壁・屋根・基礎などと施工場所が増えるほど、また耐震性能を高めるほど費用も高くなるでしょう。同じ2階建て木造住宅でも延べ面積の違いだけで、150万円から340万円の費用が必要となり、190万円もの開きがあります。
これにプラスして施工方法による違いも加味しなければなりません。

耐震リフォームの優先順位の付け方

リストを作成する

先ほど費用の目安で紹介したように、耐震リフォームを完璧に行おうとすると多額の費用が必要になります。老朽化による耐震リフォームのため、そういった戸建てやマンションのリフォームでは、水回り設備や壁紙の交換、その他の修繕などもしなければならないでしょう。

費用をなるべく抑えるためには、リフォームに優先順位を付けることです。ここでは、耐震リフォームの優先順位の付け方について紹介します。

耐震リフォームを検討している方は、最初に耐震診断を依頼しましょう。耐震性に関する判断は、素人では難しいです。耐震診断を行うことでどこが弱いのかがわかり、リフォームも計画しやすくなります。
また、耐震診断のために補助金を支給している市区町村もあるため、1度確認してみるのがおすすめです。

耐震診断が終われば、結果をもとに耐震補強計画や設計が行われ、工事へと進んでいきます。コスト面を考慮した耐震リフォームの優先順位は以下の通りです。上から順に、優先順位が下がっていきます。

  • 柱の劣化や水・白アリなどによる腐食を修復
  • 筋交いなどによって壁を補強
  • 壁にかかる力のバランスを整える
  • 耐震金具を使って基礎や柱を補強
  • 基礎を補強する
  • 2階部分の補強
  • 外壁や基礎のひび割れを修復
  • 屋根の軽量化

耐震補強計画の際に見積もりをとり、予算と照らし合わせて検討していきましょう。ただ、建物を補強しても地盤が弱いケースもあるので注意が必要です。地盤に関して不安がある場合には、地盤調査も行いましょう。

耐震リフォームに限らずリフォームは、多額の費用が必要になります。リフォームローンを利用することも可能で、さらには耐震リフォームであれば条件を満たすと減税される場合もあるのです。

耐震リフォームを検討している方は、補助金や減税に関する制度の確認を忘れないようにしましょう。

リフォームで耐震対策!マンションもお任せ

いつ地震がくるのかわからない日本に住んでいる以上、老朽化した家に住み続けるのは不安です。しかし、リフォームには多額の費用がかかるため、何から手を付けたらよいのかわからないという方も多いでしょう。
そのようなときは、耐震リフォームの専門家に相談するのがおすすめです。

耐震リフォームでは、施工業者の技術力はもちろん経験も重要です。適正価格で親身になって相談に応じてくれる業者を選ぶようにしましょう。

大阪市内でリフォームを考えている方は、ぜひともスタジオブランニューにお任せください。

リフォームで耐震対策をお考えならスタジオブランニュー

会社名 株式会社スタジオブランニュー
所在地 〒538-0035 大阪府大阪市鶴見区浜5丁目1-42 2階
TEL 0120-354-323
URL https://studio-brandnew.com/
資料請求はこちら