【大阪市のおしゃれリノベーション】特徴やポイント・施工例を紹介

【大阪市】おしゃれリノベーションの基本

戸建てやマンションなど現状住んでいる物件に不満を感じている場合は、リノベーションすることで、快適な暮らしが手に入るでしょう。

本記事では、リノベーションの特徴やリノベーションする際のポイント、こだわりを活かしてリノベーションをするコツやチェックしておきたい事例を紹介します。

【大阪市のおしゃれリノベーション】リフォームとリノベーションの違いとキッチンのポイント

おしゃれリノベーションをすると、元の家に新たな価値がプラスされます。

特にキッチンのリノベーションは、使い勝手やデザイン性を高めてくれるため、多くの人がリノベーションを検討する場所です。

こちらでは、リノベーションの特徴やリフォームとの違い、キッチンのおしゃれリノベーションにおけるポイントを紹介します。

【大阪市のおしゃれリノベーション】リフォームとリノベーションの違い

Difference

リノベーションは、既存の建物に新たな機能・価値を付け加える改装工事のことです。

間仕切りをとって1つの空間を広くする、キッチンを現代的で機能が充実したものに変えるといった事案はリノベーションに当てはまります。

リノベーションと似た言葉としてリフォームがあり、意味を混同してしまう人が多いでしょう。

2つの違いをより具体的に紹介します。

1.リフォームとは

一般的には、戸建てやマンション、店舗など老朽化した建物を新築の状態に戻すことをリフォームと呼びます。

マンション・アパートの場合は、入居していた人が退去したあと、その入居者が住む前の状態に戻すこともリフォームといいます。

英語では、悪い状態から改良することを意味しており、「マイナスになってしまったものをゼロに戻す」ことが基本です。

例えば、外装の塗り直し、水回り設備の変更、壁紙の張り替えなどはリフォームとされています。

2.リノベーションとは

リノベーションは、上記でも触れたように戸建てやマンション、店舗などの建物に新たな機能や価値を付け加えるための方法です。

住まいの性能を新築よりも向上させることは、リフォームではなくリノベーションと呼びます。

英語でもリノベーションは修復・革新などの意味があり、リフォームはマイナスをゼロに戻すための工事ですが、リノベーションはゼロであったものをプラスに導くための工事が基本です。

リノベーションは、ライフスタイルや生活環境に合わせ、自由自在なアレンジができるという魅力があるでしょう。

デザイン性が高い仕様に変更したり、耐震性を高めるために壁の補修を行ったりする工事はリノベーションとされています。

リフォームと比較すると工事の規模は大きい点も特徴です。

【大阪市のおしゃれリノベーション】キッチンのリノベーションポイント

Kitchen renovation points

キッチンは時代を感じやすい住宅設備の1つです。

年々新たな機能が増えていき、長年使い続けていると古さや使いにくさを感じるようになります。

リノベーションを検討する人が多い設備ですが、機能面を改善するだけでなくデザイン性の高く使いやすい、おしゃれなキッチンを目指しましょう。

1.レイアウトが重要

使いやすいキッチンを目指すために、考えなくてはいけないのがレイアウトです。

まずは普段の調理の流れを意識してみましょう。

調理はまず冷蔵庫から食材を取り出し、洗って刻んで、加熱・調理をして配膳するというのが一連の流れです。

調理の流れに合わせて配置をすることで、使いやすくなるでしょう。

続いて、動線を意識してみてください。

調理の流れに沿ってスムーズに動けないと、効率的に家事ができません。

一般的には、コンロ、シンク、冷蔵庫の3点を結ぶ三角形の辺を合計して51cmほどだと快適に作業ができるといわれているので、リノベーションをする際は辺の合計を意識しましょう。

2.キッチンのタイプ

キッチンには、壁がないオープンタイプ、壁で仕切られたクローズタイプ、壁はあっても開口部分があるセミオープンタイプの3種類があります。

最も開放感があるオープンタイプは、調理中であっても家族の顔が見えるため、コミュニケーションをとりながら調理ができるでしょう。

ただし、調理のニオイや煙がその他の空間に広がりやすく、調理器具や食器などの生活感が丸見えになってしまうというデメリットもあります。

クローズタイプであれば、調理のニオイや煙の広がりを防げますが、調理をしていると家族がどこにいるかを把握できないという点がデメリットです。

また、壁があるとその他の空間が狭く感じてしまうという問題も発生します。

オープンタイプとクローズタイプのよいところが程よく入っているのが、セミオープンタイプです。

オープンタイプほどの開放感はないものの、クローズタイプのような孤立感はありません。

建売の戸建てやマンションでは、セミオープンタイプが人気です。

3.寸法・高さを工夫して使いやすさをアップグレード

キッチンは毎日立つ場所なので、無理のない姿勢で使える寸法や高さで作りましょう。

通路は間取りの都合上、確保できる幅に限界がありますが、ストレスなく調理するためには最低でも90㎝必要です。

また、多くの人が意識していない高さですが、実は調理のしやすさは高さで決まります。

よく調理する人の高さに合わせて計算してみてください。

  • 高さ=身長÷2+5cm
  • 通路幅:1人利用なら90~110㎝、2人利用なら120㎝以上

例えば、身長が160㎝の人であれば、160÷2+5㎝となり、85㎝が目安の高さです。

4.使いやすい収納

戸建てやマンションのリノベーションをする際は、収納も見直しましょう。

収納のポイントは以下の通りです。

  • よく使うものは目から腰の高さの範囲に収納する
  • 配置は一度決めたらしっかりと守る
  • 使うものと使う場所はできるだけ近づける
  • 調理台には物を置かない
  • 収納スペースの中も間仕切りを使って整理する

収納を見直すことで、使い勝手も向上します。

【大阪市のおしゃれリノベーション】こだわるポイントや施工例

せっかく戸建てやマンション、店舗のリノベーションをするなら、おしゃれリノベーションをしたいと思っていても、何をどうしたらおしゃれになるのかわからないという人も多いかもしれません。

自分にとってなにがおしゃれかを明確にすることはもちろん、いくつかのコツを押さえることでおしゃれリノベーションが実現できます。

ここでは、リノベーションのコツと事例からチェックしておきたいポイントを紹介します。

【大阪市】おしゃれリノベーションを成功させるコツ

Tips

住宅や店舗のおしゃれリノベーションを成功させるためのコツは主に4つです。

1.天井まで手を抜かない

おしゃれリノベーションにするコツは、普通ならあまり意識しないところにまで手を加えることです。

天井は意外と見逃しがちですが、おしゃれリノベーションの成功には欠かせません。

部屋のカラーや素材選びにおいて、壁面やフローリングが主役になり、天井にはあまりスポットが当たりません。

しかし、天井は部屋の大きな面積を占めます。

仕上げ方を変えるだけでイメージをガラッと変えられるのです。

天井仕上げの種類は主に4つあります。

  • 石膏ボードの下地を作り、その上にクロスを張るクロス仕上げ
  • 仕上げ材を剥がし、コンクリート構造をそのまま見せるスケルトン天井
  • ボードの下地やコンクリートを塗装して仕上げる塗装仕上げ
  • 自然素材の木を使用するウッドパネル仕上げ

どの方法にもメリット・デメリットがあるため、それぞれを比較した上で検討しましょう。

2.室内窓を取り入れてみる

室内窓とは、屋内の壁に設置する窓のことで、室内窓があると抜け感や開放感が演出できます。

壁は設けたいけれど空間が狭く感じてしまうという場所は、室内窓がおすすめです。

窓が住まいに光を行き渡らせ、開ければ風通しもよくなります。

3.インテリアに合わせて設計する

リノベーションでは、好みのインテリアに合わせて住まいが設計できます。

好みのインテリアが明確なら、テーマに合わせて空間づくりが実現できるでしょう。

インテリアのイメージが湧かないときは、リノベーション会社のホームページに記載されている事例を参考にしましょう。

4.照明の配置にこだわる

照明は、配置や器具次第で大きく印象が変わります。

家電量販店などで販売されているシーリングライトは安価で手軽ですが、おしゃれリノベーションには不向きです。

間取りと一緒に、おしゃれな照明プランを考えてみましょう。

おしゃれリノベーションにおいて、照明はダウンライトが定番です。

天井がすっきりとしてスタイリッシュな印象に仕上がります。

また、ダイニングや廊下はあえて目立つペンダント照明を取り付け、照明をインテリアの一部として楽しむのもおすすめです。

【大阪市のおしゃれリノベーション】施工例から見る成功のポイント

Key points

おしゃれリノベーションをするためのコツがわかったところで、施工例から住宅や店舗に必要なおしゃれリノベーションのポイントをチェックしてみましょう。

施工例1.家具やインテリアは全体的にテイストを統一

家具やインテリアは、テイストが異なると部屋全体がまとまりません。

例えば、イスとテーブルの木の色がそれぞれ違うと、どれだけおしゃれな空間でも全体がちぐはぐになってしまいます。

リノベーション時、担当の設計士にどんな家具が合うか、どんなインテリアにしたらよいのかを相談してみましょう。

施工例2.床材のサイズと素材にこだわる

目に入る広い面積を占める床材のサイズや素材にこだわると、印象が垢抜けます。

床材の幅や長さはできるだけ大きめのものを選びましょう。

時代の流行にも左右されず、高級感があるおしゃれな部屋に仕上がります。

部分的にタイルを入れたり、無垢板にしたりするとよりおしゃれです。

ほかにも、板をくの字に合わせるヘリンボーン張りをすると、とてもおしゃれでデザイン性が高い見た目になります。

【大阪市のおしゃれリノベーション】使いやすさも重視してリノベーションしよう

リノベーションは、今の家をより使いやすくするための方法です。

ただし、おしゃれを重視するあまりに使い勝手が悪くなってしまっては、リノベーションをした意味がありません。

それぞれの機能面をアップグレードして、使いやすさを重視したリノベーションを心がけましょう。

大阪市にあるSTUDIO BRANDNEWでは、おしゃれリノベーションの施工を行っております。

住宅・店舗のリノベーションを得意としている業者です。

様々なご要望にお応えいたしますので、大阪市で住宅や店舗のおしゃれリノベーションをお考えの際は、ぜひともご相談ください。

コラム一覧

  1. 【大阪市】デザイナーズ住宅の魅力やマンション・戸建ての施工例を紹介
  2. 大阪で人気のリノベーション専門業者!依頼前に押さえるべきポイント
  3. 【大阪市】デザインリノベーションを業者に相談!その方法や市場動向
  4. 【大阪市のおしゃれリノベーション】特徴やポイント・施工例を紹介

大阪市でおしゃれリノベーションをお考えなら【STUDIO BRANDNEW】へ

会社名 株式会社スタジオブランニュー
所在地 〒538-0035 大阪府大阪市鶴見区浜5丁目1-42 2階
TEL 0120-354-323
URL https://studio-brandnew.com/
資料請求はこちら