大阪で人気のリノベーション専門業者!依頼前に押さえるべきポイント

大阪のリノベーション業者に相談しよう

もう古くなって使い勝手が悪くなってしまった家や、使えなくなり、住む人がいなくなってしまった家でもリノベーションによって手を加えることで、住宅としての価値を高めることができます。

この記事では、人気のリノベーションの特徴や種類、依頼前に抑えておきたいポイントを紹介します。見積りの作成など、お気軽にSTUDIO BRANDNEWにご相談ください。

【大阪のリノベーション専門業者】リノベーションの特徴を紹介

今人気のリノベーションとは、古い物件に新たな価値を加え、再生させることを指します。

リノベーションという言葉は知っていても、具体的にはどのようなことをリノベーションと呼ぶのかわからない、どのような施工をしたら良いのかわからないという方も多いはずです。

ここでは、リノベーションの意味と種類を紹介していきます。

【大阪のリノベーション専門業者】リノベーションとは

renovation

リノベーションとは、間取りや内装、配管などを考え直し、住む人たちの暮らしに合わせて作り替える今口コミでも評判の手法です。

新たな価値を生み出す改修になるため、今までの壁を取り払って風が通る広いリビングを作る、ファミリー用の間取りを1人暮らしで使いやすいように変えるというような工事を行います。

リフォームをする前より、住宅の性能・価値を向上させることがリノベーションの目的です。

マンションは、ファミリーを想定した間取りになっていることが多いでしょう。

そのため、個室で細かく仕切られており、1人暮らしや少人数で暮らしたという人のライフスタイルには合いません。

心地よい間取りやデザインは、人それぞれ異なります。リノベーション専門業者による口コミでも評判のリノベーションなら、住む人の暮らしに合わせた家づくりが可能なのです。

【大阪のリノベーション専門業者】種類とメリット・デメリット

advantages / disadvantages

リノベーション専門業者が手掛ける口コミでも評判のよいリノベーションと一言でいっても、いくつかの種類があります。

リノベーション専門業者が手掛ける4つの種類とそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

1.部分リノベーション

家の特定箇所をリノベーションするのが、部分リノベーションです。

最近は新築や築浅の物件を購入し、部分リノベーションをして住みやすい家づくりをするという人も増えています。

例えば、独立型キッチンを対面式キッチンに替える、間取りを変更して広いリビングを設けるなどが部分リノベーションです。

・メリット

部分的な工事になるため、フルリノベーションよりも短期間で完成します。

工事を行う場所・範囲によっては、住みながらリノベーションができ、仮住まいがいらない分の費用が削減できるでしょう。

もちろんフルでリノベーションするよりも工事費用がかからず、低予算で行えます。

・デメリット

工事内容によっては、部分リノベーションであっても仮住まいを用意しなければならないことがあります。また、壁を剥がしてみたら腐食が見つかるなど、想定外の事態が起こる可能性もゼロではありません。

工事を始める前に、リノベーション専門業者と住宅を細かくチェックし、もしもの事態が起こった時を考えておくと安心です。

2.フルリノベーション(スケルトンリノベーション)

フルリノベーションとは、骨組みはそのままで全体に手を加えるリノベーションです。

床材は変更するものの、床組みはそのまま使うというようにまだ使えるところや残したいところはそのまま使用します。

ただしすべてを壊して新しいものにすることもあり、その場合はスケルトンリノベーションと呼ぶのが一般的です。

・メリット

設計の自由度が高く、リノベーション専門業者に依頼することで理想通りの間取り・デザインが実現します。また、基礎がしっかりとしている場合は修理箇所が少なくなるため、新築で購入したり建て替えたりするよりも費用が大きく抑えられるでしょう。

・デメリット

一から家全体を作り変えていくため、工期が長くなる傾向にあります。その間、住み続けるのは難しいため、仮住まいを用意しなければならずコストがかさみます。また、フルリノベーションはプランニングにも時間がかかるでしょう。何より設計者ときちんとイメージを共有することが大切です。

リノベーション専門業者に在籍している設計者とのコミュニケーションは密に取り、理想をしっかりと実現できるように工夫しましょう。

3.オーダーリノベーション

オーダーリノベーションとは、購入した物件に対して希望・予算に合わせたリノベーションを行うことです。住む人の好みや使い勝手に合わせて住まいを作るため、リノベーション専門業者ではオーダーメイドとされています。

その中には自由な設計が可能な「フルオーダー」と、リフォーム専門業者が用意している選択肢の中から選ぶ「セミオーダー」があります。どちらのほうが理想通りの家が実現できるかを考えて選択しましょう。

・メリット

間取り・内装の自由度が高いため、希望や予算に合わせて設計が可能です。設計者に相談しつつ進められるので、予算に応じて内容を調整できる点もメリットといえます。

・デメリット

リフォーム専門業者が設計から行うので、完成には時間がかかります。また、プランが完成するまでは予算感がつかみにくく、理想をすべて実現させる設計にしたら想像以上に費用がかかってしまったというケースも起こり得るでしょう。

また、希望の内容やデザインにこだわりすぎると、動線が悪くなり、住みづらい家になることも多いです。設計者としっかり相談しながら決めていく必要があります。

4.リノベーション済み物件

リノベーション済み物件は、工事が完了している状態で販売されている物件のことです。買取再販とも呼ばれており、新築よりもリーズナブルな点が特徴です。

・メリット

すでに完成している状態が見られるため、イメージと違ったという失敗がありません。すぐに住み替えたい、引っ越しの期日が迫っているというときにはリノベーション済み物件をおすすめします。

・デメリット

リノベーション済みのため、間取り・素材・設備などを自由に変更することはできません。また、改修は表面だけで、目に見えない部分は古いままというケースもあります。

どこまで手を加えているのか、確認することが重要です。

また中間マージンが上乗せされるので、同じ条件で比較するとオーダーリノベーションで行うより高額になることもあります。

【大阪のリノベーション専門業者】オシャレな住まいにするには

リノベーションでオシャレな戸建ての住まいにするには、よくある失敗を知っておくことが大切です。オシャレな住まいを目指したのに、リノベーション時にどういった失敗が起こる可能性があるのかを知っておくことで、失敗を事前に回避できるでしょう。

また、リノベーションを行う際に、確認しておきたい事項もあります。ここでは、今人気のリノベーションでよくある失敗例とチェックしておきたい確認点を紹介します。

【大阪のリノベーション専門業者】失敗例

Failure example

オシャレな戸建て住宅を目指したリノベーションで失敗することがないよう、よくある失敗と失敗を回避する方法を紹介します。

1.物件選び

リノベーションをする際、まず行うのが物件選びです。

できるだけ費用を抑えたいと思い、見た目がキレイな物件を購入したものの、実際にリノベーションしようと思ったら内部が劣化していたという失敗はよくあります。

また購入後、目の前に大きなマンションが建築されることになり、眺望が大きく変わってしまうということも考えられます。

こういった失敗を回避するために、修繕計画やこれまでの修繕履歴を尋ねておくと安心です。また、物件のコンディション診断を行える「ホームインスペクション」の活用もおすすめします。

購入する物件の前に更地や駐車場がある場合は、そこに何か建築される可能性はないかどうか、確認しましょう。

2.業者選び

希望の物件探しも、理想のリノベーションも、実現してくれるのは業者です。イメージが共有しやすく何でも相談しやすい口コミでも評判のよい業者を見つけましょう。

実際、担当と相性が合わない、話で聞いていたイメージと完成した後のイメージが違うという失敗はとても多いです。失敗しないために、まずは認識の相違を防ぎましょう。イメージを共有することで共通認識をつくることができ、結果として、理想通りの家づくりが実現するはずです。

3.資金計画

リノベーションする人のほとんどは、自己資金とローンを組み合わせて資金計画を立てるはずです。しかし、ローンの審査は誰でも通るというわけではありません。

ローンに落ちて物件が購入できなかった、審査は通ったけれど月々の支払いまで頭が回らず、想像以上の額を支払うことになったという失敗はよくあります。

また、物件を購入したあと、理想の間取りを計画したら大幅な予算オーバーになったというケースも少なくありません。

失敗を回避するためには、物件探し・リノベーション計画・資金計画を同時進行させましょう。ローンの審査項目では、最も条件がいい金融機関を選ぶと、ローンに落ちる心配は少なくなります。

4.設計

要望を伝えたものの、どうしても構造上取り壊せない壁がある、設備が移動できないというような問題に直面することがあります。物件の構造上の問題であるため、業者との打ち合わせ時に自分の要望を伝え、実現可能であるかを確認しましょう。

【大阪のリノベーション専門業者】確認点

Confirmation points

リノベーションを検討する際、事前にチェックしておきたいポイントは以下の通りです。

1. 耐震性

リノベーションをする前に、構造・基礎の状態をチェックしておきましょう。耐震性の高い住宅かどうかを見分ける方法は、建築された年月日です。

2000年6月以降、改正建築基準法が住宅の建築に適用されています。よって2000年6月以降に建築された戸建てであれば、耐震基準を満たしている可能性が高く、補強工事の費用が抑えられるでしょう。

また、リノベーションの際は、デザインを優先しすぎないように注意してください。デザイン重視になるがあまりに、大きな窓の箇所が多くなったり安全性が不十分だったりする可能性があります。

デザインと耐震性の両立は大前提として考えましょう。

2. 費用

一般的に市場価格は新築から15年の間に大きく下落するため、新築や築浅の物件は購入後数年で大きく価格が下がってしまいます。特に戸建ては価値の下降が著しく感じるでしょう。実際に見積りをしてみて大変驚かれるケースは珍しくありません。

できるだけ大きく下落するのを防ぎたいなら、築20年前後の物件がおすすめです。築20年前後の家であれば、購入後数年の間に市場価格や見積りが大きく下落する心配はありません。

築20年を経過している住宅は不動産としての評価がなくなっていきます。解体やリノベーションを前提としている戸建てと土地は、土地代だけで購入できるケースも多いでしょう。

まだ状態のいい住まいであれば、劣化補修や耐震補強を含めたリノベーション価格と比較してみても、費用を抑えられる可能性が高いです。不安であれば、まずは見積りを作成してもらって比較するとよいでしょう。

3.構造

構造の中で最もリノベーションに適しているのは、木属軸組み工法です。木造軸組み工法であれば、壁や仕切りをとって大幅な間取り変更が可能でしょう。

【大阪】リノベーション専門業者が叶えるおしゃれな理想の住まい

リノベーションは、まだ住める家を活かしながら理想の家づくりができる口コミでも評判のある人気の方法です。評判のリノベーションで自分らしいオリジナリティ溢れる家を完成させませんか。

STUDIO BRANDNEWは大阪市でリフォーム・リノベーションを手掛けています。大阪でおしゃれな理想の住まいをお探しの際は、口コミでも評判のよいSTUDIO BRANDNEWにご相談ください。見積りのご依頼も受け付けております。見積りの作成をはじめ、お気軽にお声がけください。

コラム一覧

  1. 【大阪市】デザイナーズ住宅の魅力やマンション・戸建ての施工例を紹介
  2. 大阪で人気のリノベーション専門業者!依頼前に押さえるべきポイント
  3. 【大阪市】デザインリノベーションを業者に相談!その方法や市場動向
  4. 【大阪市のおしゃれリノベーション】特徴やポイント・施工例を紹介

リノベーション専門業者をお探しなら【STUDIO BRANDNEW】へ

会社名 株式会社スタジオブランニュー
所在地 〒538-0035 大阪府大阪市鶴見区浜5丁目1-42 2階
TEL 0120-354-323
URL https://studio-brandnew.com/

資料請求はこちら